初対面での会話を必ず盛り上げる方法!

皆さんは人見知りしないタイプですか?
 
覗く女性
人見知りには初対面の会ほど、辛い場面はないですね。
今回はそんな時に役に立つ、初対面で会話をする際のテクニックをご紹介します。
 
 

初対面の会話でのNG行動とは?

Fotolia_30213453_XS
 
 
早く親しくなりたいと思うあまりに、馴れ馴れしい話し方をするのは避けましょう。
親近感を持っていることをアピールしているつもりでも、相手は「バカにしている」と思います。
常識がないと思われることは、初対面では避けたいことですね。
 
 
スポンサーリンク


特に、初対面では相手が「何を気にするのか」、「どんな性格なのか」はわかりません。
信頼関係ができていないうちから馴れ馴れしく会話をすると、
不快感を抱く人が多いので気をつけたい所です。
 
 
kaiwa
 
 
また、相手の話を待たずに独自の結論を先に言ってしまったり、その場にいない第三者を軽視するような話題をしたりしたら、
相手が不快に思うのは当然ですね。初対面の場合は、相手の話は最後まで聞き、丁寧な言葉遣いをすると印象がよくなります。
 
 
自分の考えを相手に押し付けたり、
相手をこういう人だと決めつけてしまったりする事はよくあります。
初対面に限らず、話し相手には誠実に対応したいものですね。
 
 
 

初対面で話すべき話題!

雑談の王道ともいえば天気の話題ですね。
皆さんも天気の話題をきっかけに会話を始めたことがあるのではないでしょうか?
 
 
10230002011
 
 
相手や場所を選ばない天気の話題は、便利な会話ツールともいえます。
多少ずれたことを言ってしまった場合でも、相手が同意していなくても、
ほとんどの場合に肯定の相槌を打ってもらえる会話ネタと言えます。
 
 
 
スポンサーリンク


一見、万能な天気の話題ですが、実際に話してみると「なんと答えていいかわからない」
「問いかけに返事はしたけれど、会話が終わってしまった」など、難しさを感じる人もいます。
 
 
 
天気の雑談の場合、相槌に選ぶ言葉が曖昧で、会話を広げていかないといきなり話題が途切れることもあります。
相手が話した単語から連想ゲームのように新たな話題に繋げればいいのですが、この部分を難しく感じるようです。
 
 
会話をしながら話題の広げ方を探す事は非常に困難なテクニックです。
常に考えているので、時にはあまり話題にしないほうがいいこと口にしてしまうということもあると思います。
 
 
季節や天気の話題だけで雑談を続けるには「慣れ」が必要です。初心者は
雑談を始めるためのきっかけ会話と割り切って、話やすい話題にスライドさせてしまいましょう。
 
 

初対面で話題にしてはいけない事

日本には昔から「三脱の教え」というものがあります。
「三」とは「年齢」「職業」「地位」の事です。
 
 
11031020021
 
 
昔の日本は、初対面の人に相手のプライベートに関することを聞いてはならないというルールがあったようです。
何故なら、その3つのことに人がこだわりを持ってしまうと、先入観でその人を見てしまいがちだからです。
 
 
国際社会でも同様に、初対面の人にこの3つを聞くことは避けるようにしています。
全世界共通で互いに一人の人間同士として向き合い、その人自身を見ることを理想としているようですね。
 
 
 
初対面の人を色眼鏡で見るのは良くない事ですし、
また、自分一人の尺度で他の人を評価したりすると、時に真実を見誤ることがあると注意を促すのは、やはり世界共通のようです。
 
 
スポンサーリンク


もしも初対面の人が、あなたの年齢や職業を尋ねてきたら、厚かましい印象を受けて、
気配りが欠けている、と思うのではないでしょうか?
初対面の人には、くれぐれもそう思われないように気をつけましょう。
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ